明治期待遇表現の研究

Title
明治期待遇表現の研究
Authors
나카무라
Keywords
명치기대우표현の30740구
Issue Date
2011
Publisher
인하대학교
Description
第1章序論 1. 本究の目的 1 2. 先行究と問題の所在 1 3. 本究の構成 3 第2章資料 若松子小公子 14 1. はじめに 14 2. バネット作小公子 14 3. 若松子について 15 3.1. プロフィル 16 3.2. 作家家育者としての若松 17 3.3. 若松と女誌 19 4. 若松と小公子 20 4.1. 若松にする評 20 4.2. 若松にとっての小公子 24 5. その功績と意義 26 6. おわりに 30 第3章言語資料としての小公子 32 1. はじめに 32 2. 明治期の文 33 2.1. 明治初期 33 2.1.1. 漢文 33 2.1.2. 漢文訓 35 2.1.3. 口語系文 36 2.1.4. 文系文 38 2.2. 明治10年代 39 2.2.1. 和漢混淆 39 2.2.2. 演 41 2.2.3. 文系文 42 2.3. 明治20年代 44 2.3.1. 明治普通文 44 2.3.2. 初期言文一致 47 2.4. 明治30年代以降 48 3. 言文一致運動
URI
http://dspace.inha.ac.kr/handle/10505/22944
Appears in Collections:
College of Humanities (문과대학) > Japanese Language and Culture(일본언어문화학) > Theses(일본언어문화학 석박사 학위논문)
Files in This Item:
There are no files associated with this item.

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

Browse